- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト岡崎

アウディ・Q8 S line

愛知県 岡崎市よりお越しのS様

アウディ・Q8 S line (オルカブラック・メタリック)のご依頼です。

<施工内容>
 ・ボディーコーティング「リボルト・プロ」
 ・ホイールコーティング「リボルト・プロ」
 ・窓ガラス撥水加工(全面)



今回ご依頼頂いたこちらのお車は、納車から1ヶ月程になります。

ボディー全体に雨染みが確認できました。



BEFORE:

20200605_22.jpg


20200605_33.jpg



塗装状態を
膜厚計を使用して把握します。

膜厚計:

20200605_11.jpg


コーティングの良し悪しは、下地処理により左右されます。
ダメージを適切な方法で、除去していきます。


塗装状態をしっかり把握し、リボルトグループに蓄積されたデータから最適なポリッシャー、コンパウンドを選定します。

下地処理技術は、
リボルトグループ独自の高度下地処理技術【Revolt Adjust System】
塗装面を極力平滑に整え、ボディの美観を最大限演出するために下地処理を施します。

闇雲に磨けばいいというものではありません。塗装面に負荷を与えない「最低限の塗装の磨きで最大限の美しさをつくる」これが重要です。


下地処理により、本来の美しいボデーが蘇りました。下地処理によって蘇ったボデーにコーティングを施すとのによって、艶、輝きをさらに一段増す効果があり、加えて保護力、防汚力のアップより、今の状態をより長く維持することを目的としています。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。




AFTER:

20200605_02.jpg


20200605_03.jpg




施工後に仕上がりチェックします。

リボルト・プロの膜厚によって、
BEFORE: 117 μm → AFTER: 121 μm

膜厚計:

20200605_01.jpg


リボルト・プロの低分子量ガラス被膜は3~4μmという圧倒的な膜厚を確保できております。この圧倒的な膜厚により被膜自体の耐久性が増し、ボディーの塗装への外部環境からの保護に重要な役割を果たしております。


20200605_2.jpg


20200605_1.jpg


20200605_4.jpg


20200605_6.jpg


20200605_7.jpg


20200605_8.jpg


コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車メンテナンスを定期的にして頂くことで、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

愛知県 岡崎市よりお越しのS様
この度はご用命頂き、誠にありがとうございました。


「リボルト・プロ」
「リボルト」
「リボルト・ライト」
「リボルト・ライト(新車限定)」
高度な下地処理技術
Revolt Adjust System

施工時期:
2020年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工