- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト岡崎

プジョー・208 GT Line

愛知県 岡崎市よりお越しのK様

プジョー・208 GT Line(ファローイエロー)のご依頼です。

<施工内容>
 ・ボディーコーティング「リボルト・プロ」
 ・ホイールコーティング「リボルト・プロ」
窓ガラス撥水加工



新色のファローイエロー。
上品で深みがあります。

リアビューがとてもかっこいいです。


モデルチェンジによりルーフやフェンダーなどにブラックのパーツが多く採用されています。

ブラックパーツはやはりキズが目立ちやすいです。
ブラックパーツ全てにスクラッチキズが確認できました。

ルーフ:

20201201_02.jpg




多く新車のに共通するダメージがあります。

ライト類のスクラッチキズです。
納車前の洗車でダメージを負ってしまったのでないかと思います。

テールレンズ:

20201201_01.jpg


ダメージによって、光が乱反射し白く見えてしまいます。



また、新色のイエロー塗装の新車特有のくすみがありました。



より一層鮮やかなイエローに仕上げるため、下地処理をおこないます。




目視による状態の把握だけではなく、膜厚計を使用して数値としても確認します。

20201201_03.jpg


塗装状態をしっかり把握したうえで、下地処理をおこないます。

限りある塗装はリボルトグループ独自の高度下地処理技術【Revolt Adjust System】を駆使して丁寧に磨いていきます。
これにより塗装面を極力平滑に整え、ボディの美観を最大限演出させます。


20201201_3.jpg


20201201_1.jpg


20201201_5.jpg


コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。

20201201_7.jpg


20201201_8.jpg


20201201_9.jpg



リボルト・プロの低分子量ガラス被膜は3~4μmという圧倒的な膜厚を確保できております。この圧倒的な膜厚により被膜自体の耐久性が増し、ボディーの塗装への外部環境からの保護に重要な役割を果たしております。


リボルト・プロ塗布後の膜厚:

20201201_13.jpg



ダメージと負っていた各パーツも綺麗に仕上がりました。

ルーフ:

20201201_11.jpg

ピラー:

20201201_6.jpg

テールレンズ:

20201201_12.jpg




コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車メンテナンスを定期的にして頂くことで、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。


愛知県 岡崎市よりお越しのK様
この度はご用命頂き、誠にありがとうございました。

「リボルト・プロ」
「リボルト」
「リボルト・ライト」
「リボルト・ライト(新車限定)」
高度な下地処理技術
Revolt Adjust System

施工時期:
2020年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工