- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト岡崎

ボルボ・V60 T5インスクリプション

愛知県 知立市よりお越しのS様



ボルボ・V60 T5インスクリプション(オニキスブラックメタリック)のご依頼です。

<施工内容>
 ・ボディーコーティング「リボルト・プロ」
 ・ホイールコーティング「リボルト・プロ」
 ・窓ガラス撥水加工(サイド、リヤ)




この度、新車納車後、ご入庫いただきました。

ブラックパールと洗練されたスタイルが美しい最新のV60を見ていきますと、何やらボンネットに広くシミ、傷のようなものが付いているのが見受けられます。右フェンダー上部まで広がっていました。

BEFORE:
ボンネット右端

20200615_8.jpg



ボンネット中央

20200615_10.jpg



ボンネットと右フェンダーの境目のシミ

20200615_12.jpg



給油口の周りにも。

20200615_14.jpg

当店の高輝度LEDの下であれば、その状態はひと目で確認できます。しかし外ですと景色が反射して見分ける事が難しいのでしょうか。また、新車ということもあり、綺麗なのは当然ですから逆に見落としがちという事も考えられます。

一方で、シミ、傷はいたずらにタオルでこすったり、適当に研磨剤で磨いたりするとかえって拭き傷やバフ目ができてしまう恐れがあります。黒ボディなので尚更目立ちます。

なかなか対処がしきれなかったりするので、やむなくそのままコーティング施工して完了させるという結果に終わってしまいます。

これらを踏まえて、コーティングの良し悪しを左右する肝心の下地処理を進めていきます。

下地処理技術は、
リボルトグループ独自の高度下地処理技術【Revolt Adjust System】
闇雲に磨けばいいというものではありません。また、深追いは禁物です。
塗装面に負荷を与えない「最低限の塗装の磨きで最大限の美しさをつくる」これが重要です。

そして仕上げに行うのは、本物のガラスコーティングリボルト・プロです。

下地処理によって本来の美しさを引き出し、新車は新車以上に経年車でも新車レベルの輝きを取り戻す事ができます。そしてボディ全体ににガラスコーティングを施すことによって、艶、輝きをさらに一段増す効果があり、加えて保護力、防汚力のアップより、今の状態をより長く維持することを目的としています。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっております。ボディは濡れたような艶、樹脂部分はしっとりとした落ち着いた質感にまとまります。

リボルト・プロの低分子量ガラス被膜は3~4μmという圧倒的な膜厚を確保できております。この圧倒的な膜厚により被膜自体の耐久性が増し、ボディーの塗装への外部環境からの保護に重要な役割を果たしております。

最大限に魅力を引き出されたパールブラックV60がどれくらい変化したかを見ていきましょう。


BEFORE:

20200615_8.jpg



AFTER:

20200615_9.jpg



BEFORE:

20200615_10.jpg



AFTER:

20200615_11.jpg



BEFORE:

20200615_12.jpg



AFTER:

20200615_13.jpg



BEFORE:

20200615_14.jpg



AFTER:

20200615_15.jpg



20200615_1.jpg



20200615_2.jpg



20200615_4.jpg



20200615_5.jpg



20200615_3.jpg



20200615_6.jpg



20200615_7.jpg




いかがでしょうか。

濃色車は一段と深みのある濃さに、
効果がわかりにくいと言われる淡色系もコーティング後は、
透明感のある艶がハッキリと見た目にも実感いただけます。





コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車メンテナンスを定期的にして頂くことで、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。



愛知県 知立市よりお越しのS様
この度はご用命頂き、誠にありがとうございました。

「リボルト・プロ」
「リボルト」
「リボルト・ライト」
「リボルト・ライト(新車限定)」
高度な下地処理技術
Revolt Adjust System

施工時期:
2020年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング窓ガラス撥水加工