- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト岡崎

メルセデスベンツ・E250クーペ

愛知県 岡崎市よりお越しのI様

メルセデスベンツ・E250クーペ(ダイアモンドホワイト)のご依頼です。

<施工内容>
・ボディーコーティング 「リボルト・プロ」
・ホイールコーティング 「リボルト・プロ」


オーナー様からは、2台目のご依頼になります。
いつもご利用頂き有難うございます。

お車購入時に販売店から頼まれてコーティングを施工されたそうですが、
「ボディがザラザラする。鉄粉かな?」
「コーティングしてもらったけど、小傷が気になる。ちゃんと磨いていないみたい。」
仕上がりに納得されていないご様子。

「コーティングは信頼できるリボルトさんにまたお願いしたい。」とのご連絡を頂きました。

施工者にとって嬉しい限りです。


お車の状態ですが、ルーフ周り、ピラーのピアノブラックの部分に磨き残りが多くありました。
オーナー様よりご相談があった塗装面のザラザラは、やはり鉄粉でした。

下地処理を始める前に、オリジナルの塗装状態を
膜厚計、光沢計を使用して把握した上で、磨きの方向性を決定します。

リボルトグループに蓄積されたデーターからベストな選択をし、
最小限の磨きで、最大限の輝きを引き出す下地処理を行います。
これが、リボルトグループの高度な下地処理技術【Revolt Adjust System】です。

下地処理により、美しいボデーが蘇りました。下地処理によって蘇ったボデーにコーティングを施すとのによって、艶、輝きをさらに一段増す効果があり、加えて保護力、防汚力のアップより、今の状態をより長く維持することを目的としています。コーティング剤は当グループオリジナルの低分子・完全硬化型100%ガラス濃度のコーティング剤となっており、硬化時間の短縮、濡れたような艶、防汚効果に優れています。またトップコートには紫外線軽減(UVカット)機能が加わり紫外線からもボディを守ります。

リボルト・プロの低分子量ガラス被膜は、圧倒的な膜厚により被膜自体の耐久性が増し、ボディーの塗装への外部環境からの保護に重要な役割を果たしております。

20191123_4.jpg

リボルト・プロの低分子量ガラス被膜は3~4μmという圧倒的な膜厚を確保できております。この圧倒的な膜厚により被膜自体の耐久性が増し、ボディーの塗装への外部環境からの保護に重要な役割を果たしております。

コーティング後は、当店からお渡しておりますメンテナンスキットを利用して正しいセオリー通りの洗車メンテナンスを定期的にして頂くことで、長期間にわたり美しい状態を維持できると思います。

愛知県 岡崎市よりお越しのI様
この度はご用命頂き、誠にありがとうございました。


20191123_3.jpg

20191123_2.jpg

20191123_1.jpg

20191123_5.jpg

20191123_6.jpg

「リボルト・プロ」
「リボルト」
「リボルト・ライト」
「リボルト・ライト(新車限定)」
高度な下地処理技術
Revolt Adjust System

施工時期:
2019年
施工内容:
リボルト・プロ車 ガラスコーティングホイールコーティング