- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト岡崎

高度な下地処理技術【Revolt Adjust System】ってなに?

リボルトグループのガラスコーティング作業の中で、下地処理にかける時間は、全体の約7割になります。

下地処理の出来栄えがガラスコーティングの出来栄えに大きく影響してくるからです。
 
 
これは、女性がお化粧をするときのベースメイクと考え方は同じです。
「べースメイクをしっかりすれば、綺麗な肌をメイクで演出することができます。」

言い換えると、
「下地処理をしっかりすれば、綺麗な塗装をガラスコーティングで演出することができます。」

だからこそ、下地処理に多くの時間をかけます。


リボルトグループでは、長年の蓄積された技術と、グループ内の様々な情報を統合収集し、
「Revolt Adjust System(リボルト アジャスト システム)」という独自の下地処理・施工方法技術を確立しました。
個人店では対応しきれない様々な地域独自の気候情報、メーカー情報、塗装メーカー情報などをグループメリットを活かし、リアルタイムに対応していく事が出来るのが特徴です。

塗装の膜厚というのは、限りがありますので、磨く際には最小限の磨きに留めることが必須です。この最小限の膜厚の磨きで、最大限のクオリティを提供出来るというのがリボルトの高度な下地処理技術「Revolt Adjust System(リボルト アジャスト システム)」となります。

新車登録から約3年が経過した車です。

img_6183.jpg

 
独自の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」で、
ボンネット半分の処理を行いました。

img_6225.jpg

 
全面的に処理を行いました。

img_6245.jpg

いかがでしょうか?
違いは一目瞭然だと思います。

リボルトグループの高度下地処理技術【Revolt Adjust System】の目指しているところは、
「車に優しい最低限で磨きで、最大限の美しさをつくる」

お客様のお車を安心して我々にお任せください。

トピックスのご紹介